香典返しをするときはのしに注意|地域によって異なります

ウーマン

日本独自の風習

香典返しと数珠

香典返しの相場は頂いたお金の2分の1の金額となっています。例えば5千円を頂いたときには2千5百円程度の品をお返しします。葬儀のときにお返しする当日返しをすることが多くなっていますが、当日に返した品が2千5百円のもので香典が5千円であれば香典返しはしなくても大丈夫です。それよりも多くの香典を頂いたのであれば差額分をお返しするといいでしょう。また、当日にタオルなどの会葬御礼品はお返しに含まれていないので気をつけてください。香典が5万円など高い場合はそこまで2分の1でのお返しに拘らずに3分の1などでも失礼になることはないです。
通常仏式のお返しは四十九日を過ぎた後にしますが、早めにお礼をしたいときに香典返しと別に贈る方もいます。キリスト教では召天記念日後にお贈りすることが多いですが、キリスト教には香典返しというものはありません。香典返しは日本だけにあるものなのです。神式では五十日祭後になりますが、仏式と同じように贈られます。香典返しに法要が終わったことや戒名を知らせるために礼状やご挨拶状を添えますので、忘れないように注意してください。ただ、手渡しする場合はご挨拶状はいらないのですが、渡すときにお礼を伝えるようにしましょう。このご挨拶状は香典返しの数だけ無料で準備する業者があるので、業者へ確認してください。香典返しののしは地域によって異なるので、その地域に住んでいる知り合いや業者へどのようなのしになるのか確認が必要ですが、関東では志、関西では満中陰志が一般的です。

悩むプレゼント

レディ

女性へ誕生日プレゼントを贈るのであればスイーツは外せません。ショートケーキなど食べやすいスイーツがいいでしょう。また、オフィスワークしている女性には冷え対策としてブランケットをプレゼントするのもいいです。

View Detail

入学内祝い

内祝い

子供の入学式が終わった後には入学内祝いを贈りますが、やはり子供に書かせたお礼状は喜ばれます。また、間違えると大変なことになる恐れがありますので、贈るときにはのしや水引などに注意してください。

View Detail

節句の贈りものを厳選

風車と内祝い

初節句の内祝いでは気をつけることがあります。例えば、のしには子供の下の名前だけを入れるようにしたり、贈るものは日持ちをするものを選んだりすることが大切です。贈るときには失礼にならないように気をつけてください。

View Detail